僕らのアイデアが地域を変える。

アドリンクは絶えず新たなアイデア出し続け、
地域社会の発展に寄与します。

インバウンドinfo

BLOG

インバウンド需要で復活なるか?スキースノボーの現在

冬のレジャーの代表とも言えるスキーやスノーボード、一昔前と比較して国内の客足が遠のいている傾向があります。

一方で、海外からはスキーやスノボーを目的に日本を訪れている人の数が増えています。そこで、スキー場におけるインバウンド対策がどれほどの効果を持っているのか見ていきましょう。

昔は良かったが、今は衰退している

観光庁によると、日本国民一人当たりが旅行やレジャーにかける費用は継続して減少傾向にあります。

この傾向はスキーやスノボーというレジャーにも表れており、国内スノーリゾートでは厳しい現状があります。

1998年に約1800万人に到達したスキー人口も、2013年は約770万人となり、実にピーク時の約4割にまで減少しています。

このように、1990年代にブームとなって人気が高まったものの、2000年代には衰退の一途を辿ってきました。

インバウンドのおかげで、伸びている

このように厳しい国内需要の減少を抱えているスノーリゾートですが、海外からの集客に目を向けることで再び盛り上がりを見せているスノーリゾートもあります。

神戸市の「六甲山スノーパーク」では、イスラム教徒の旅行者向けに礼拝所を設けたり、ハラルフードを導入したりしたことが功を奏し、2008年には600人だった外国人客が2014年には1万6750人になるという急激な増加を実現させています。

スキーリゾートのインバウンド対策

インバウンド需要の高まりは政府も認識しており、対策を行うことで外国人客の集客効果を高めようという動きがあります。

スノーリゾートを冬の訪日観光の目玉にすることを狙いとし、2つのモデル事業に500万円ずつの補助金を給付して訪日客対策を行い、成果が見込まれる対策はモデル以外のスノーリゾートでも字視される予定です。

また、交通手段においてもインバウンド対策は行われており、スノーリゾートに足を運びやすいよう増便や臨時便の運行などが行われています。

首都圏からのアクセスの良さも日本のスノーリゾートの魅力の一つと捉え、積極的なインバウンド対策が行われています。

外国人をどれだけ集客できるかが鍵

個々のスノーリゾートだけでなく、観光庁も国を挙げて取り組んでいるスキースノボーへのインバウンド対策。

数字の変化から、外国人を集客することがこれから先どれほど重要になってくるかは一目瞭然ですね。日本国内でのスキー人口は減少傾向にありますが、そんな時だからこそインバウンド対策で再び活路を見出すことが出来るでしょう。

引用元
http://www.mlit.go.jp/common/001091724.pdf
http://www.sankei.com/region/news/171106/rgn1711060024-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/171119/wst1711190057-n1.html
http://j.sankeibiz.jp/article/id=1767

 

 

関連記事

ADDD-LINK
BLOG

アドリンクが運営する、外国人観光客インバウンドの現状や、インバウンド対応に役立つ情報を発信するブログです。 インバウンド関連のニュース、アドリンク通訳・翻訳スタッフが遭遇した変な外国語表記、実際にあったインバウンド対応の成功事例、失敗事例などを分かりやすく解説しています。
アドリンクのブログが更新されたときや、お知らせなどを通知します。

人気記事

[ 目次 ]
1. インバウンド現状
2. 会社紹介
・ミーション・会社組織図
・会社概要・競合優位性
・サービス
3. IT補助金とは?
・補助金申請までの流れ
・補助対象者条件・補助金の上限額・下限額
・公募期間・IT補助金スケジュール
・交付申請の流れ・申請に際して必要な書類
・インバウンド対策主なツール
・2018年アドリンク実績の例
4. 導入事例
新規オープンのゲストハウスを
5ヶ国語で情報発信

本フォームより資料請求いただきますと、アドリンクの会社概要やIT導入補助金の活用を成功事例より詳しくまとめた資料(PDF)をダウンロードできます。

弊社代表取締役社長 上治 太紀が「覚悟の瞬間」の取材を受けました。仕事への覚悟やインバウンド観光に対する想いを、インタビューで語っています。 映像や今後の展望などをご覧いただくことができますので、ぜひご覧ください!