インバウンド需要の高いラグビーW杯チケット販売開始

ラグビーW杯とは

ラグビーワールドカップは、ラグビーの各国代表チーム世界一を決する世界大会です。ワールドカップというとサッカーの印象が強いですが、ラグビーワールドカップも負けず劣らず人気のスポーツイベントです。
1987年開催の第1回大会から4年毎に開催されていますが、2015年開催の前回大会は全世界で40億人が大会を視聴したと言われています。

2019年に日本で開催

前回大会での日本代表チームの活躍も記憶に新しいラグビーワールドカップですが、次回開催は2019年、日本での開催となります。
アジアでは初となる日本でのラグビーワールドカップは以下の国内12都市で試合が行われます。

北海道札幌市:札幌ドーム
岩手県釜石市:釜石鵜住居復興スタジアム
埼玉県熊谷市:熊谷ラグビー場
東京都調布市:東京スタジアム(別称:味の素スタジアム)
神奈川県横浜市:横浜国際総合競技場(別称:ニッサンスタジアム)
静岡県袋井市:小笠山総合運動公園エコパスタジアム
愛知県豊田市:豊田スタジアム
大阪府東大阪市:東大阪市花園ラグビー場
兵庫県神戸市:神戸市御崎公園球技場
福岡県福岡市:東平尾公園博多の森球技場
大分県大分市:大分スポーツ公園総合競技場
熊本県熊本市:熊本県民総合運動公園陸上競技場

先行販売が始まったチケット 抽選倍率9倍も!

チケットの申し込み予約は2018年1月19日に日本ラグビー協会の登録選手やコーチ、メンバーズクラブ会員などで構成されるラグビーファミリーへのセット券の先行抽選販売が開始され、人気のパックは抽選倍率が9倍を超える等、注目度の高さがうかがえます。

ラグビーワールドカップ、話題性はいまひとつ?

このようにチケットの予約等はラグビー関係者を中心に盛り上がりを見せている中、世界的なスポーツイベントでありながら大会そのものについては話題になっているとは言い難い状況というのも事実です。

ラグビーワールドカップが注目されない理由とは?

2015年に開催されたイングランド大会後、日本代表チームの活躍もあり日本国内のラグビー・トップリーグの観客動員数は平均で6,470人と歴代最高を記録しました。しかし現在はその熱気が薄れつつあり、元の状況に戻りつつあるのです。
スーパーラグビーへの参戦も強化にはある程度の成果が期待できるとしても、興行という意味ではそれほどの効果が出ていません。ラグビー界全体を見渡すと以前は人気を誇った大学ラグビーも興行面での苦戦は否めません。開催国として国内でのラグビー人気を盛り上げる努力も必要になりますね。

まとめ

前回大会では海外から40万人が開催地イングランドを訪れ、日本円にして約3,332億円の経済効果をもたらしました。2020年に控えた東京オリンピックは開催期間が約2週間なのに対し、ラグビーワールドカップは約6週間と長く、ラグビー観戦が目的で訪日した外国人観光客の周遊が期待できるという意味でインバウンドという視点ではオリンピックより注目すべきイベントと言えるでしょう。

最近よく読まれている記事