僕らのアイデアが地域を変える。

アドリンクは絶えず新たなアイデア出し続け、
地域社会の発展に寄与します。

インバウンドinfo

BLOG

欧米人に大人気!忍者がインバウンドで大活躍

訪日外国人観光客が増加を続ける中、インバウンド消費はモノからコトへと移行しつつあります。その中で意外な存在が日本のキラーコンテンツになる可能性があります。それは忍者です。

忍者からNINJAへ

日本人にとっては時代劇や歴史の授業などでおなじみの忍者ですが、近代以前の日本で主に隠密活動を得意として暗躍していた忍者が今では“NINJA”として日本語のまま海外で通じるほど有名な存在となっています。

世界中で認知される忍者

日本忍者協議会が2016年にドイツ、フランス、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、タイ、香港、台湾、中国の10か国で行った調査によると、どの国や地域においても100%に近い認知度という結果が得られたといいます。

特にアメリカでは32.5%もの人が「よく知っている」と回答した上、41.2%が「現在も多数存在している」、32.5%が「数は少なくなったが現在も存在している」と回答するなど、忍者が単なる認知度を超えた人気を獲得していることがわかります。

きっかけはニンジャ・ムービー

アメリカでは1980年代の映画「燃えよNINJA」をきっかけに始まった忍者ブームですが、その後1987年から25年にもわたって放送されたアニメ、「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」の大ヒットが世代を超えた忍者ファンを生み出してきました。
そして現在、忍者という単語はそのままNINJAとして英語として通じるまでになったのです。

最近ではマンガやアニメ「NARUTO」が世界的な人気となり、世界中でNINJAの認知度は上がり続けています。

忍者体験が続々登場

このように外国人にとってクールジャパンの象徴ともいえる認知度と人気を誇るNINJAを通して日本の伝統文化を知ってもらおうという試みが各地で行われています。

2018年2月には東京都内で手裏剣投げやチャンバラを体験する忍者教室が開催され、アメリカやフランスから訪日した外国人観光客がNINJA体験を楽しみました。

大阪・新今宮にオープンした忍者体験屋敷「忍者堂 Ninja-Do」ではNINJAの必須アイテムである吹矢や手裏剣等の体験をレンタルした忍者装束を着てできる他、忍者装束のままで人気の観光地としてしられる新世界やあべのハルカスへ生き、記念撮影をすることができるサービス等で訪日外国人観光客へのNINJAを通したコト消費を提案しています。

観光庁も注目するNINJA

NINJAの世界的な知名度の高さには観光庁からも注目が集まっています。2017年度の「テーマ別観光による地方誘客事業」の支援先として前述の忍者についての認知度調査を行った日本忍者協議会を選定し、NINJAを通した訪日外国人観光客の誘致に期待しています。

NINJAをきっかけとした日本文化の発信は私たち日本人にとっても新しい忍者像と正しい理解をもたらしてくれる良い機会にもなりそうですね。

関連記事

ADDD-LINK
BLOG

アドリンクが運営する、外国人観光客インバウンドの現状や、インバウンド対応に役立つ情報を発信するブログです。 インバウンド関連のニュース、アドリンク通訳・翻訳スタッフが遭遇した変な外国語表記、実際にあったインバウンド対応の成功事例、失敗事例などを分かりやすく解説しています。
アドリンクのブログが更新されたときや、お知らせなどを通知します。

人気記事

[ 目次 ]
1. インバウンド現状
2. 会社紹介
・ミーション・会社組織図
・会社概要・競合優位性
・サービス
3. IT補助金とは?
・補助金申請までの流れ
・補助対象者条件・補助金の上限額・下限額
・公募期間・IT補助金スケジュール
・交付申請の流れ・申請に際して必要な書類
・インバウンド対策主なツール
・2018年アドリンク実績の例
4. 導入事例
新規オープンのゲストハウスを
5ヶ国語で情報発信

本フォームより資料請求いただきますと、アドリンクの会社概要やIT導入補助金の活用を成功事例より詳しくまとめた資料(PDF)をダウンロードできます。

弊社代表取締役社長 上治 太紀が「覚悟の瞬間」の取材を受けました。仕事への覚悟やインバウンド観光に対する想いを、インタビューで語っています。 映像や今後の展望などをご覧いただくことができますので、ぜひご覧ください!