【国別にみた日本の人気訪問先】インバウンド対策はターゲットに合わせて的確に!

インバウンドプロモーションはターゲットの興味に合わせて実施する必要があります。
世界最大規模の宿泊予約サイトとして知られるBooking.comの日本法人、ブッキング・ドットコム・ジャパンが実施した地域別の日本の人気観光地のランキングから日本での訪問先エリアや訪日目的の違いを見ていきましょう。

調査対象地域・国と調査期間

調査の対象国・地域ですが、韓国、香港、台湾、タイ、シンガポール、アメリカ、イギリス、フランスの8カ国・地域で、調査期間は2018年12月28日~19年1月6日にチェックイン予定の予約状況が元になっています。
ランキングの上位には東京、大阪、京都等いわゆるゴールデンルートの人気都市がどの国・地域でもランクインしていますが、ここでは東京、大阪、京都以外の特徴や傾向が見える結果について抽出してみました。

韓国、香港、台湾には九州、沖縄が人気

韓国・香港・台湾の外観光客は、物理的距離が近い九州や沖縄を旅行先として選んでいることがわかりました。

韓国

2位:福岡
6位:沖縄(那覇)
7位:大分(由布)

韓国の旅行者の選ぶ訪問地トップ10にはこの他にも別府、熊本等の温泉地がランクインし、冬のレジャーとして温泉旅行を選んでいることがわかります。

香港

4位:福岡
7位:鹿児島
9位:熊本

香港も韓国と似た傾向ですが、8位に高山(岐阜)が入っているのはスキー旅行へのニーズの可能性が高いです。

台湾

4位:沖縄(那覇)
5位:福岡
9位:仙台(宮城)

台湾での人気都市ランキングでは、20位以内に沖縄の都市が3都市も入っており、直行便で1時間程度で沖縄に行けるという手軽さも含めて人気となっているようです。
9位に仙台が入っていますが、これは台湾・仙台間に直行便が飛んでいることが影響しているのではないでしょうか?

東南アジアからの観光客は雪へのあこがれがある?

東南アジアへ目を向け、タイとシンガポールのランキングを見てみます。
両国とも年間を通して30℃近くの気温を維持している国ですが、雪を見たことがないという人も少なくないという事情がランキングに反映されているようです。

タイ

3位:札幌
4位:高山(岐阜)
6位:富士河口湖

タイの場合は3位の札幌をはじめ高山はスキー旅行を思わせます。また、8位にも函館が入っており、傾向として雪のある地域が人気になっています。

シンガポール

4位:札幌(北海道)
5位:福岡
6位:高山(岐阜)

シンガポールの場合もタイに近いランキングですが、7位に函館、9位にニセコ(北海道)とより雪国、雪景色への憧憬が見てとれます。

欧米はスキー旅行と世界遺産

アメリカ、イギリス、フランスなど欧米圏からの観光客について見てみると、京都(京都)や日光(栃木)などの世界遺産がある都市がランクインしている他、アメリカでは白馬(長野)が10位に入っていることからウィンタースポーツが目的の旅行者が多いといえそうです。
11位以降を見るとアメリカ、イギリスはニセコ、白馬といったパウダースノーが世界的に有名なスキー場の所在地が入っていますが、フランスではスキー目当ては少ない様で、アートや世界遺産が興味の中心になっていました。

まとめ

今回は調査機関として12月末から1月上旬としたため、季節要因が大きくランキングに影響しています。これが夏の調査であれば調査対象地域が同じだとしても違う結果が出ることが予想されます。

インバウンドプロモーションを行う場合は地場の観光資源がアピールするのはどの国・地域なのか、交通機関や移動時間の影響、季節要因等を考慮した上でタイミングを見た実施が必要になりますので、まずはアピールできるポイントを再確認し、ターゲットを絞ったプロモーションプランを計画してみましょう。。

****記事ここまでです****

・参考記事をもとにわかりやすく解説してください。
参考:

ブッキングドットコム、訪日外国人観光客が年末年始に訪れた日本の人気エリアを発表