僕らのアイデアが地域を変える。

アドリンクは絶えず新たなアイデア出し続け、
地域社会の発展に寄与します。

インバウンドinfo

BLOG

最新情報

インバウンド事情

Google検索データから見る都道府県の知名度は?

インバウンド人口は増加を続けていますが、政府の目標・2020年に4000万人の訪日観光客数へ向けて官民ともに様々な取り組みが進められています。 外国人観光客が旅行先を決定する際に使用されるツールはいくつか考えられますが、

インバウンド事情

【インバウンド消費分析】中国人に人気のコスメは?

インバウンド人口の国別1位は中国人で、2017年には約735万人が日本を訪れていますが、インバウンド全体の2869万人の4分の1という存在感を示しています。 インバウンド増によって好調な業界に化粧品業界がありますが、今回

インバウンド事情

【民泊伸び悩み】利用シェア0.3%から見える現状

2018年6月15日に施行された民泊新法ですが、施行日から7月31日までの延べ宿泊人数が22万人だったことを観光庁が発表しました。 しかし、同期間の宿泊施設全体の延べ宿泊人数は6563万人であることから、民泊のシェアは0

インバウンド事情

【民泊の現状】民泊新法施行後の届出数や稼働率は?

インバウンド増に伴う課題は様々な分野から持ち上がっていますが、宿泊施設の不足は重要度の高い課題とされています。 課題を解決する受け皿として期待を集めているのが民泊ですが、2018年6月15日に民泊新法が施行されました。

インバウンド事情

【AIの進化】未来の多言語対応のコールセンター

インバウンド人口は右肩あがりに増加をしていますが、訪日観光客が旅行中に困ったこととして施設のスタッフとコミュニケーションが取れない、いったような言語の問題があります。 今回はAI技術でコールセンター業務がどう変わるのか、

インバウンド事情

ドラッグストアで神買いランキングトップ10

JNTOの調べによると2018年10月10日時点で日本を訪れた訪日外国人観光客は1589万人となっており、2020年・4000万人という目標が手の届くところまで来ているという印象です。 インバウンド消費が買い物中心のモノ

インバウンド事情

日本で生活する外国人が困ること4選

インバウンド人口が年々増加を続ける中、馴染みのない日本の生活や習慣に触れた訪日外国人観光客は新鮮な驚きを感じるとともに言葉が通じない等の不便を感じることがあると思います。 訪日外国人の利便性を上げるために多言語対応等の取

インバウンド事情

【レンタカー】外国人にキャンピングカーが人気!?

2020年に4000万人、というインバウンド人口の目標に向けて様々な業界で取り組みや課題解決が行われていますが、インバウンド増に伴い外国人ドライバーの数も増加しています。 今回は訪日外国人の増加によって成長が期待される、

インバウンド事情

外国人の不法滞在が急増。治安悪化にどう対処するのか?

2020年に4000万人というインバウンド目標を実現するべく、ビザ発給要件の緩和やより安価な旅行ツアーの開発等が行われています。 外国人目線で見た場合、訪日旅行のハードルは下がったわけですが、結果として不法滞在する外国人

インバウンド事情

日本はWi-FI後進国?外国人観光客のFree Wi-FIの使用状況

平成28年に行われた外国人旅行者を対象としたアンケート調査によると、訪日旅行中に困ったこととして2位に「無料公衆無線LAN環境」が挙げられており、28.7%が困ったこととして認識していました。 インバウンド対策として公衆

インバウンド対策

【事例紹介】人気飲食店から学ぶインバウンド成功の秘訣

インバウンドの成功事例というとドラッグストアや化粧品メーカー等の活躍が目につきますが、個人店や小規模な事業者のインバウンド戦略という切り口で見た場合には成功事例として参考になるケースが少ないのが現状です。 そこで今回は小

インバウンド事情

ランキングから見るインバウンドでの勝ち組企業とその傾向

年々過去最高を記録しながら増加を続けるインバウンド数ですが、消費は4兆円規模と言われ経済波及効果も大きくなっています。 今回は日本経済新聞が作成したランキングからインバウンド需要をモノにした企業とその傾向を見ていきます。

ADDD-LINK
BLOG

アドリンクが運営する、外国人観光客インバウンドの現状や、インバウンド対応に役立つ情報を発信するブログです。 インバウンド関連のニュース、アドリンク通訳・翻訳スタッフが遭遇した変な外国語表記、実際にあったインバウンド対応の成功事例、失敗事例などを分かりやすく解説しています。
アドリンクのブログが更新されたときや、お知らせなどを通知します。

弊社代表取締役社長 上治 太紀が「覚悟の瞬間」の取材を受けました。仕事への覚悟やインバウンド観光に対する想いを、インタビューで語っています。 映像や今後の展望などをご覧いただくことができますので、ぜひご覧ください!