僕らのアイデアが地域を変える。

アドリンクは絶えず新たなアイデア出し続け、
地域社会の発展に寄与します。

インバウンドinfo

BLOG

Tag: 多言語対応

医療費

外国人患者の拠点病院増加、懸念される医療費未払い

日本が観光立国として成立するためには将来に渡って訪日外国人観光客をコンスタントに獲得する必要がありますが、そのためには訪日体験を快適なものとしてリピーターとなってもらうということが挙げられます。 そこで検討されているのが

多言語対応

【翻訳機導入】小中学校から日本語の話せない外国人との共生

インバウンド増に伴い、地方出会っても外国人旅行者と出会う機会が増えてきましたが、増えたのは旅行者だけではないようです。 外国籍やハーフ、ダブルと呼ばれる子供の増加に伴い、学校では様々な対応を検討しています。 日本語指導が

事故

【災害・事故】保険会社の外国人対応について

インバウンドの増加によってネガティブな問題が持ち上がる事例がありますが、その中の一つが有事の際の対応についてです。 多言語対応はインバウンド受け入れのキーポイントの一つですが、特にトラブルや危機的状況の場合にはその重要性

キャッシュレス

逆境のタクシー会社の最新インバウンド対策

インバウンド周辺では民泊やシェアサイクル等のシェアリングサービスが世界的に台頭し、普及しておりますが、タクシー業界にもUberという一般の人でも登録すればドライバーとしてタクシー同様のサービスを行うことができるサービスが

中国

【2018年】外国人に人気!花火大会の需要を調べてみた

訪日外国人観光客は引き続き増加を続け、2020年の4000万人という目標の実現に向けて着実に歩みを進めています。 インバウンドの消費動向がコト消費へと変化していると言われていますが、日本の夏は多くのコトにあふれています。

キャリーバッグ

過去最高入場者を記録した二条城を丸裸にしてみた

ユネスコの世界遺産にも登録されている京都・二条城は、日本を代表する文化財です。 この二条城、昨年2017年度の入城者数は243万9079人、前年比で53万4877人、28.1%増という大幅な伸びで過去最高を記録しました。

100均

定番スポット化した100円ショップのインバウンド対策

インバウンド消費が爆買いをはじめとする「モノ消費」から体験そのものを楽しむ「コト消費」へと移行しつつあると言われていますが、訪日外国人観光客にとって日本での買い物はまだまだ衰えていません。 なかでもコンビニエンスストアと

ADDD-LINK
BLOG

アドリンクが運営する、外国人観光客インバウンドの現状や、インバウンド対応に役立つ情報を発信するブログです。 インバウンド関連のニュース、アドリンク通訳・翻訳スタッフが遭遇した変な外国語表記、実際にあったインバウンド対応の成功事例、失敗事例などを分かりやすく解説しています。
アドリンクのブログが更新されたときや、お知らせなどを通知します。

弊社代表取締役社長 上治 太紀が「覚悟の瞬間」の取材を受けました。仕事への覚悟やインバウンド観光に対する想いを、インタビューで語っています。 映像や今後の展望などをご覧いただくことができますので、ぜひご覧ください!