僕らのアイデアが地域を変える。

アドリンクは絶えず新たなアイデア出し続け、
地域社会の発展に寄与します。

インバウンドinfo

BLOG

Tag: 民泊

オリンピック

宿泊難が深刻。五輪特需を狙えるか。

インバウンド増加による宿泊施設の不足は以前から顕在化していましたが、2020年に控える東京オリンピックでは深刻な客室不足が懸念されています。 そこで期待されていたのが民泊ですが、民泊新法で営業日数の上限が年間180日にな

Airbnb

【民泊の最新事情】Airbnbで登録者数V時回復

インバウンドが右肩上がりに増加する中、宿泊施設の不足が懸念されています。対策として期待を集めていたのが民泊ですが、民泊を合法化する法律・民泊新法の施工から1年が経過しました。 施行直前、民泊仲介サイトの大手・Airbnb

コト消費

農水省が推奨する農泊【交付金公募期間は3月15日まで】

インバウンド増を受けて既に飽和状態にある人気の観光スポットから地方へ送客することによってインバウンドの受け入れと地域活性化を目指せるとして農林水産省が推奨しているのが農泊です。 今回は農泊のポイントについて見ていきましょ

ゲストハウス

【外国人移住者も】民泊を使った宮崎の移住お試しサービス

民泊、というと訪日外国人が利用者、という視点になりがちですが、民泊を違う切り口で捉え、活用するという事例があります。 宮崎県児湯郡新富町の一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(以下、こゆ財団)は昨年12月1日 から始めた民

Airbnb

【民泊伸び悩み】利用シェア0.3%から見える現状

2018年6月15日に施行された民泊新法ですが、施行日から7月31日までの延べ宿泊人数が22万人だったことを観光庁が発表しました。 しかし、同期間の宿泊施設全体の延べ宿泊人数は6563万人であることから、民泊のシェアは0

民泊

【民泊の現状】民泊新法施行後の届出数や稼働率は?

インバウンド増に伴う課題は様々な分野から持ち上がっていますが、宿泊施設の不足は重要度の高い課題とされています。 課題を解決する受け皿として期待を集めているのが民泊ですが、2018年6月15日に民泊新法が施行されました。

旅行業法

【旅館業法】続々と企業が民泊に参入している理由

民泊新法が2018年6月15日に施行され、民泊事業を合法で行うことができるようになりました。 民泊というと個人オーナーや小規模事業者がビジネスとして取り組んでいるという印象が強いですが、必ずしもそうではありません。 今回

ADDD-LINK
BLOG

アドリンクが運営する、外国人観光客インバウンドの現状や、インバウンド対応に役立つ情報を発信するブログです。 インバウンド関連のニュース、アドリンク通訳・翻訳スタッフが遭遇した変な外国語表記、実際にあったインバウンド対応の成功事例、失敗事例などを分かりやすく解説しています。
アドリンクのブログが更新されたときや、お知らせなどを通知します。

弊社代表取締役社長 上治 太紀が「覚悟の瞬間」の取材を受けました。仕事への覚悟やインバウンド観光に対する想いを、インタビューで語っています。 映像や今後の展望などをご覧いただくことができますので、ぜひご覧ください!