僕らのアイデアが地域を変える。

アドリンクは絶えず新たなアイデア出し続け、
地域社会の発展に寄与します。

インバウンドinfo

BLOG

日本の桜、花見文化におけるインバウンド事情2019

昨年1年間に日本を訪れたインバウンドは3119万人と過去最多を更新、はじめて3千万人を突破しました。
日本を訪れるインバウンドの目的には買い物や食事、寺社仏閣などの観光資源巡りなど、様々なものがありますが、中でも存在感を増しているのが桜です。
4月に日本を訪れるインバウンドが増加しているのはどうやら桜が理由になっているようです。

2018年のインバウンド、月別最多は4月

JNTO統計データ(訪日外国人・出国日本人)を元にアドリンク作成

JNTOの発表しているデータによると、これまで月別で最も多くのインバウンドが訪れているのは7月、2番目は10月、4月はその次という順位でした。

しかし、2018年度を見ると月別の最多は4月の290万人、続いて7月の283万人、10月の264万人という結果となっています。

この背景には桜の人気が海外で高まっていることがあるのではないか、と言われています。

4月のインバウンドを国別に見ると中国がトップ

2018年4月に訪れた国別の人数と伸び率

アジア

JNTO統計データ(訪日外国人・出国日本人)を元にアドリンク作成
※赤括弧はマイナス

欧米

JNTO統計データ(訪日外国人・出国日本人)を元にアドリンク作成
※赤括弧はマイナス

4月のインバウンド数を国別で見ると、中国が68万人とトップになっており、2位には韓国がランクインしています。物理的な距離が近い国は桜のシーズンに合わせて手軽に来日することができることがランキングにも反映されています。

中国の大手旅行会社、Ctripは日本の桜を見るツアーを多数造成して人気を集めていますが、中国メディアの予想によると今年の桜の時期に訪日する中国人観光客は100万人程度と予想されています。

ここ数年の伸び率で見るとベトナムやインドネシア、フィリピンなどが目立っています。
同じデータをヨーロッパのトップ5を見てみると、1位のフランスが4万4千人ですが、インドネシアとほぼ同じ数字です。

距離的な問題もあり絶対数はアジアと比較して少ない印象ですが、フランス、ロシアなど伸び率で見ると2014年と比較すると2倍となっています。

1年間で4月に日本を訪問する国別の割合(2015〜2018年)

アジア

JNTO統計データ(訪日外国人・出国日本人)を元にアドリンク作成

黄色で示した通り、だいたい似たような傾向になっているのがわかります。
この中でもタイは訪問数自体もかなり多いので、対策しておくべきでしょう。
また、イスラエルなどのイスラム教圏もこの4月の訪問が特に多く、イスラム教圏をターゲットに選定している場合は4月は1番の稼ぎどころです。

欧米

JNTO統計データ(訪日外国人・出国日本人)を元にアドリンク作成

続いて、欧米ですが、ポーランドとフランスがいつも安定して4月によく訪問されています。こちらをターゲットに選定されている場合は4月に注力すると良い結果が得られそうです。

 

海外でも通用するSAKURAやHANAMI

海外において日本が紹介される場合、ビジュアルとして多く使われるのが富士山や寺社仏閣ですが、桜の風景も使用される頻度が高く、日本と言えば桜、という形で認知度が高まったと考えられます。
また、タイや香港、ロシアの旅行会社は東北地方の桜を見るためのツアーを組んだりしています。そのため、「SAKURA」や「HANAMI」という言葉の認知度も高くなり、日本の桜を体験してみたい、というインバウンドが増えているようです。
JNTOも桜を絡めたプロモーションを各地で展開しています。
シンガポールでは2018年3月9日から4月8日までの約1か月間、「SAKURA MATSURI」と題された祭りが開催され、前年比15%増となる約84万人が来場し、大盛況となりました。
アメリカのワシントンでは「全米桜祭り」が開かれ、日本の桜を紹介するとともに観光客の誘致を行っています現場からは、桜に興味を示す人が増えているという報告があります。

まとめ

JNTOでは、桜に関するインバウンド向けの特設ページを設けており、英語や中国語、韓国語で日本全国の桜の名所やそれぞれの開花予測、満開日の予測を掲載することで桜を目当てに訪日するインバウンドが日程を立てやすいようにという配慮を行っています。

ちなみに同サイトの中国語や韓国語のページの閲覧数は昨年の2倍と大きな伸びを示していることから、既に多くの人々が訪れている中国、韓国についてもまだまだ伸びしろがありそうですね。

 

関連記事

ADDD-LINK
BLOG

アドリンクが運営する、外国人観光客インバウンドの現状や、インバウンド対応に役立つ情報を発信するブログです。 インバウンド関連のニュース、アドリンク通訳・翻訳スタッフが遭遇した変な外国語表記、実際にあったインバウンド対応の成功事例、失敗事例などを分かりやすく解説しています。
アドリンクのブログが更新されたときや、お知らせなどを通知します。

人気記事

[ 目次 ]
1. インバウンド現状
2. 会社紹介
・ミーション・会社組織図
・会社概要・競合優位性
・サービス
3. IT補助金とは?
・補助金申請までの流れ
・補助対象者条件・補助金の上限額・下限額
・公募期間・IT補助金スケジュール
・交付申請の流れ・申請に際して必要な書類
・インバウンド対策主なツール
・2018年アドリンク実績の例
4. 導入事例
新規オープンのゲストハウスを
5ヶ国語で情報発信

本フォームより資料請求いただきますと、アドリンクの会社概要やIT導入補助金の活用を成功事例より詳しくまとめた資料(PDF)をダウンロードできます。

弊社代表取締役社長 上治 太紀が「覚悟の瞬間」の取材を受けました。仕事への覚悟やインバウンド観光に対する想いを、インタビューで語っています。 映像や今後の展望などをご覧いただくことができますので、ぜひご覧ください!