【費用対効果】YouTubeのインバウンド動画ってテレビCMと比べてどうなの?

先日、AbemaTVでの『亀田興毅の試合』が累計1000万人超え、同時接続でも最大70万人超えを記録し、サーバーがダウンするほどの盛り上がりを見せました。オンライン動画配信サイトがマスを越える時代が着々と近づいてることが伺えます。

そんなブームが起きている動画市場ですが、地域や自治体でもインバウンド向けの地域PR動画が盛んにアップされています。実際に、150万再生を獲得した大分県のおんせん県として制作されたPR動画「シンフロ」など、100万再生を超えるようなものが増えてきました。

しかし、これは費用対効果としてはどうなんでしょうか? 本当に効果はあがっているのでしょうか? また、インバウンド集客はあまり見込めませんが、マス向けメディアのテレビCMと比べてどうなのかを検証していきたいと思います。

YouTubeとテレビCMの制作費と放映料は?

YouTube

シンフロの場合


動画の制作費だけで1000万円になるようです。

参考:大分PRシンフロ動画の続編「ゆけ、シンフロ部!」公開

San’in, Japan 4K (Ultra HD) – 山陰の場合


こちらも依託費がありました。1500万円になります。

 参考:「縁の道~山陰~」動画広告Web配信およびマーケティング事業 業務委託

広告収入

YouTubeでは広告収入があることも魅力の1つです。YouTube側の正式な発表はないですが、昔は1再生あたり0.5円と言われていましたが、現在は1再生0.03円ほどの収入になっていると言われています。これは再生数だけではなく、チャンネル登録者数や動画再生時間など複数の要因から値段が決まっているようです。

動画広告(TrueView)

ターゲティング広告をかなり細かく出すことが可能です。年齢・性別・地域・好み・キーワード・視聴端末・その他曜日や時間帯などの項目から、一番届いて欲しい人に出せます。また、クリック単価も10〜30円ほどのようです。

テレビCM

制作費はかなり幅があります。平均値は5000万円で、2500万〜1億円の間らしいです。ただ、これは芸能人やCGを多用する場合で、それがなければ、1000~1500万円程度になります。これに加えて、YouTubeは無料で放映できますが、テレビでは放映料が必要です

プライムタイム30秒CM(全国放送キー局)の場合

30〜50万円×視聴率になります。(プライムタイムは19〜23時の時間枠)

仮に視聴率15%であるなら、30〜50万円×視聴率15%=450〜750万円になります。

ちなみに、テレビ朝日の看板番組の『報道ステーション』が視聴率10〜15%で、CM枠がだいたい700万円らしいです。

YouTubeとテレビCMの視聴者数は?

YouTube

シンフロの場合

視聴回数1,512,003 回(2017.5.12現在)で150万再生を超えています。

山陰動画の場合

視聴回数2,763,914 回(2017.5.12現在)で275万再生を超えています。

Autumn Colors in Tohoku, Japan 4K (Ultra HD) – 東北の秋の場合

視聴回数9,070,292 回(2017.5.12現在)でなんと900万再生です!!
現時点でインバウンド向けの地方PR動画では日本一の再生数です。
ちなみに、上記の『山陰』と同じ制作者です。

テレビCM

全国放送、キー局で視聴率1%につき80〜118万人になるようなので、15%の場合は1200〜1770万人になります。

ここで注意!!

1.YouTube動画はたくさんお金を払えば、再生数が保証されるものではない

YouTubeの動画は基本的にはこんなに再生数が伸びることは滅多にありません。他の動画を見てもらえばわかりますが、かなり手が混んでいて、1000万円くらいは投資していそうな動画であったとしても再生数では数千再生なんてのはざらにあります。例えば、

例1『Kusatsu Onsen, JAPAN – Autumn – 4K (ultra HD) / 草津温泉』


この動画は、さきほどの『山陰』や『東北の秋』と同じ制作者が作った動画です。公開まだ3ヶ月ではありますが、視聴回数 43,181 回です。人気制作者でも全ての動画で爆発的な再生数を出すことはできないようです。

例2『「ゆけ、シンフロ部!」オオイタカテテ篇』


シンフロの続編の『「ゆけ、シンフロ部!」オオイタカテテ篇』にいたっては公開1ヶ月ほどで、たったの視聴回数 953 回です。短編とは言えどもこれだけ少ないとしんどいですよね。

2.再生数や視聴者が多いからといって、観光客が増えるとも言えない

いくらたくさんの人に見てもらっても、動画やCMのクォリティだけが評価されてしまうと何の意味もないです。確かに指標の1つとして再生数をあげるのは良いのですが、これにだけ着目するのはやめましょう。あくまで、地域に来てもらうことが目的なので、そこで判断するようにしましょう。

まとめ

YouTubeのPR動画はこれだけを見ると、博打の要素が強いようです。しかし、インバウンドの集客を考えるなら強力なツールです。高額な動画だけが話題にはなりますが、動画は写真だけでは伝わりにくい、“体験”を伝える有効な手段です。大掛かりなものでなければ、十数万から100万円ほどで制作することが可能になっています。ちなみにアドリンクでもインバウンド向けの動画制作を行なっています。

アドリンクでの動画制作事例

アドリンクでは主に多言語対応した動画制作を行なっています。例えば、陶芸体験の動画では通訳もできる出演者をこちらで用意し、3言語の動画制作を請け負いました。こちらは英語バージョンです。

補助金を活用して、動画制作にチャレンジ

今後、政府も空撮やAR、VRなどの先端技術を使っての地域PRであれば補助金を出すと言っています。これらを有効に使えば、費用としてもかなり安くチャレンジができるようになりそうです。ぜひチャレンジしてみてください。

参考:VR・ARで自治体をPR 経産省が動画制作支援