これで解決か、相次ぐ空港でのスーツケース放置

ここ数年増加を続ける訪日外国人観光客ですが、それに伴いあらゆる消費が増えており旅行産業や小売業等が恩恵に預かっています。
しかし、増加することで迷惑となってしまっているものもあるようです。代表的なものとして空港に放置されるスーツケース問題があります。

放置スーツケース問題とは?

主に空港で起きているスーツケースの放置問題については以前の記事で触れていますが、概要をおさらいしてみましょう。
2017年に空港に放置されたスーツケースの数を確認してみましょう。

・成田空港 約250個
・関西空港 258個

同様の放置スーツケース問題は羽田、千歳を始め国際線が発着する空港で発生しており、関空の場合は2013年の3倍に増えていることから、インバウンド増加に伴いスーツケースが放置される事象が増加していることが伺えます。

放置スーツケースの何が問題なのか?

放置スーツケースについて、どこに問題があるのかを見ていきましょう。問題点は2つです。

①遺失物扱いとなって保管の必要がある

放置されたスーツケースは遺失物にあたるため、少なくとも最寄りの警察署で3か月間保管する必要があります。
当然ですが保管するためには然るべきスペースが必要ですし、空港から輸送するためにはコストもかかります。

②1つずつチェックする必要がある

放置スーツケースが爆弾テロや麻薬の受け渡し等の犯罪行為に利用される可能性を考慮すると、スーツケースを1つずつ確認する作業が必須になってしまい、発生した作業はコストとなってしまいます。

放置させず無料で引き取るという解決策

このように法律上、処分が難しかった放置スーツケースですが、関西空港で実効性のある対策が実施されることになりました。
関西空港を運営する関西エアポートが始めたのは、国際線出発フロアの手荷物一時預かりカウンターで不要なスーツケースを無料で引き取る、というサービスです。
放置スーツケースは旅行中に新しいスーツケースを購入した訪日外国人が不要になったものを空港内で捨てていると思われますが、無料引き取りをすることによって訪日外国人にとっても処分が容易になる他、引き取ったスーツケースはリサイクルに回すことが出来るので、保管スペースやチェックの手間等の問題を解決することが可能になりそうです。

まとめ

同様の対策は関西国際空港以外の空港でも実施が可能なものとなっており、一定以上の効果が期待できるのではないでしょうか?
関西空港の場合、引き取りは国際線出発フロアで行っていますが、到着フロアで入国後の訪日外国人観光客に無料引き取りサービスを告知することでスーツケースの買い替えを積極的に行う観光客が増える可能性もあります。
同サービスの実施によって放置スーツケース問題が予測通り解決するかどうか、結果が楽しみです。