中国企業の大阪進出増

大阪へ海外から企業を誘致したり、進出後のサポートを行っている大阪外国企業誘致センター(以下O-BIC)が設立された2001年4月以降、2017年度までに誘致した外資系企業の数は累計で506件に上りますが、近年は中国企業の大阪進出が増えていると言います。
以前とは異なる傾向がみられるという中国企業の大阪進出について見ていきましょう。

大阪に進出する中国企業は10年で2倍以上に

O-BICによると2007年度に大阪に進出した海外企業は36件で、中国企業はそのうち8件でした。しかし2017年度は42件の海外企業のうち約半数となる20件が中国企業と、10年前と比較すると倍以上になっています。

大阪進出の背景にインバウンド増

中国企業の進出には中国人旅行者が数多く日本を訪れるようになったことが一因のようです。インバウンド向けに貿易業、旅行業等が進出するようになりましたが、2015年頃からこれまでと違う傾向が出てきました。

2015年度には商品の買い付けや物流代行サービス等を事業として行う中国企業が11件大阪に進出していますが、これは同年から中国で盛んになった海外製品を個人輸入扱いでネットから購入することができる、「越境EC」のためのようです。
2017年4月に経済産業省から発表された資料によると、2017年度に中国が日本から越境ECで購入した金額は1兆2978億円となっており、前年比で25%以上の成長率となっています。
2020年には2兆4178億円になるという試算からも今後も高い成長率を維持して市場は拡大していくと考えられます。
これは訪日した中国人旅行者が日本で購入した化粧品や製品を帰国後も使用したい、というリピート購入のニーズに越境ECがマッチしていることが大きく影響しています。

生産、研究開発の拠点として大阪を選ぶ中国企業

また、近年は生産や研究開発の拠点として大阪へ進出する中国企業が出てくるようになっています。
O-BICによると中国の製造業者がOEM生産から自社ブランドを持つ傾向が出始めており、日本を拠点に技術やマーケット動向を調査したいという動きが見られるものの、現段階では小規模で今後様子を見る必要があるとのことです。

上海に本社を構える歯ブラシメーカー、上海慎興制刷の場合、大阪市内で歯ブラシの量産を始めました。
商品は中国国内向けですが、生産を大阪で行うことで自社製品を「日本製」として中国国内で販売できるという思惑もあるようです。

中国企業はなぜ大阪を選ぶ?

前述の歯ブラシメーカーの場合、歯ブラシが大阪の地場産業であり、協力工場とのやりとりや材料調達等がやりやすいという点が大きいようですが、O-BICはと大阪が好まれる最大の理由として中国人が関西人に親しみやすさを感じるという点を挙げています。
世界で最も住みやすい都市ランキングの3位に選ばれた大阪ですが、以前にも指摘した通り、大阪のオープンな人づきあいの文化が中国に良く似ている、と感じている人が少なくないようですね。

今後はどうなる?

越境ECの市場が拡大していくという予測を元にすると、今後も商品買い付け、物流等を中心とした中国企業の大阪、日本進出は増加することが予想されます。
メーカーの視点で見た場合、越境ECプラットフォームに商品を載せ、中国国内でヒットすればこれまでにない販路を獲得することができるので、進出してきた中国企業との連携を強化し、売上を大きく伸ばすことができる可能性があります。
しかしその場合、日本の小売業の売上は大きく減少してしまうことになりますので、手放しに喜べる状況ではなさそうです。

まとめ

研究開発や生産拠点としての進出動向についても注視する必要がありますが、日本の技術だけが流出してしまう、というようなシナリオも十分に考えられます。
中国企業の商習慣は日本とはかなり違うものなので、日本の商習慣や商道徳をベースに付き合おうとすると結果として良いとこどりをされてしまう、ということもあり得ます。
中国企業の日本進出が今後も増加するという予測のもと、中国企業との正しい付き合い方を日本の企業は知る必要があるのではないでしょうか?

最近よく読まれている記事

まだデータがありません。